ビーツ

ボルシチに欠かせない野菜、ビーツ。泥臭さのある甘味が特徴で、「食べる輸血」と言われるほどミネラルが豊富なほか、ショ糖を多く含むため、野菜の中では高カロリー。身体を動かすエネルギー源になります。

【簡単な食べ方】
皮もむかずに輪切りにして焼いて塩コショウを振るだけとか、千切りにしてきんぴら風やラー油炒めにしたり、いろんな食べ方ができるので、思いついたらチャレンジしてみてください。

アルミホイルに包んで180℃のオーブンで40〜60分くらい焼くのもオススメ。竹串がスッと通ったら、スライスし、塩を降って食べてみてください。ベビーコーンのような甘さが口に広がります。

葉っぱは炒め物やお浸しでどうぞ。

あとは、下ごしらえしてからサラダや酢漬け、ボルシチなど煮込み料理に使うこともできます。皮を厚くむいて薄くスライスすれば生でも食べられますよ。

【下ごしらえ】
皮と茎を1cm程度付けたまま、塩と酢を加えたひたひたの水に入れ、30分程度ゆでます。竹串がスッと通ったら、下ごしらえ完了。