チェーンソー特別教育

こんばんは。女将です。

昨日今日と2日間にわたって、労働安全衛生法に基づいた「チェーンソー特別教育」を受講し、特別教育修了証もいただきました!

裏山の整備などをする分には不要なものですが、座学と実技でしっかり基本を学ぶことで、怪我なく安全に木を切り倒せるようになるんじゃないかと思っています。

チェーンソー特別教育の中でも、山に生えている木を実際に切れる講習は数少ないそうです。山がすぐ近くにある丹波だから、できることですね。

初日の朝は不安でいっぱいでしたが、丸太の玉切りから始まり、突っ込み切り、受け口のつくり方などを少しずつ学んでいくと、だんだん不安もなくなりました。

2日の間に自分で切った木は、2本。でも、ほかの参加者が切る様子も間近で見られたので、何倍も勉強できたような気がしています。主催のNPO法人丹波グリーンパートナーさん、講師の福島さん、ありがとうございました!

女将の初伐木記念として持ち帰ったヒノキは、いい香りのする鍋敷きとして大活躍してくれそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です