いい加減なタイル貼り

oi000021

こんにちは。副農場長です。

9月のリフォームでは、工具を使ったり力仕事になるようなものは難しそうだったので、自らタイル担当を買って出ました。

が、これが意外と難しい!一番最初に悩んだのは、水平・垂直の目安線が引けないということです。

タイルのサイズに合わせて線を引くだけだから簡単だろうと思っていたら、意外や意外。在来工法で建てられた既存の家は柱も窓枠も水平垂直ではなかったりして、基準点が定まらないのです。

やっと位置を決められたと思ったら、実際のタイルサイズとカタログ記載値が微妙に合わなかったり……。
几帳面にミリ単位で合わせようと思うと、ムキーっとなってきます。

そんなときに大事なのが、いい加減になること。いい加減は、好い加減ですからね。

事前の計画もとっても大事だけれど、実際にタイルを貼り始めたら、もう、目の前にあるタイルとタイルの間隔をたよりに進めるしかありません。

実践しながら様子を見て、計画を修正し、柔軟に対応する。
こう書いちゃうと、当たり前のことですね。

土や野菜、自然を相手にしたら、もっといろんな不確定要素が出てくるでしょう。そんなとき、いい加減の付き合い方を見つけられたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です